気象予報士の苦労について

気象予報士の苦労について

気象予報士試験が難関であることは、一般的に知られているかと思います。

しかし、気象予報士も残業が多くハードな仕事と言われています。

気象予報士試験を突破するのも大変なのに、資格取得後も苦労があるなんてと思いますが、これも現実ですので知っておいて損はないかと思います。

そんな仕事でのハードな部分をご紹介したいと思います。

基本的に天候は時々刻々と24時間推移し続けていますので、観測データの分析も夜遅くまでかかることも多いようです。

それだけでも大変さを感じますね。

更に、台風や雨が多い5月、6月あたりと穏やかな天候の多い10月、11月とでは仕事量が全く違うようです。

このように季節や時期によっても忙しさがまちまちとなってしまい生活が安定しづらい点があります。

また、勤務先の業種によっても仕事量に極端な差が生まれやすいようです。

例えば清涼飲料水のメーカーの場合は、最も売り上げの高い夏季の気象情報が企業の経営を左右するほど最も重要な情報ですので、必然とこの時期は残業が多くなりがちです。

気象情報は時に生命をも左右する

天気予報はあくまで予報ですので、未来の事を予測しているのは言うまでもありませんよね。

気象予報士は様々なデータからこの未来の天候を予想します。

もちろん、昔に比べれば様々な機器の発達により詳細な情報が得られ、予測の精度も高まってきてはいますが、あくまで未来の事を予測しているので、100%確実な予報は存在しません。

必ず外れるというリスクがあるのです。

そう言った観点から見れば、かなり精神的に負担のかかる職業ではあります。

気象予報士試験自体も難易度が高いので、資格を取得する前から負担は大きいですね。

しかし、このたった一つの予報が外れることが、人命に関わる事態に発展することがあり得るのです。

すごい難しい気象予報士試験

そんな大げさなと思うかもしれませんが、例えば実際の降水量が予想していた以上に遥かに上回ってしまった場合、予報を信じた人はまさか川が氾濫すると思っていませんので、川の様子を見に行って溺れてしまったり、川の付近の家屋は氾濫の対策をしていなかったので浸水してしまったり・・・このように人の財産や生命をも左右する可能性のある非常に重みのある情報なのです。

予報が外れてしまいましたなんて簡単には済まされませんよね。

そんな非常に責任ある資格ですので、気象予報士試験の難易度の高さも理解できる気がします。